【ブログ運営】新しいサーチコンソール 『fetch as google』のやり方が変わったので手順をご紹介

【ブログ運営】新しいサーチコンソール 『fetch as google』のやり方が変わったので手順をご紹介

Google Search Consoleが新しく変わった事によりちょっと戸惑っているmiaybiです。

色々と機能や画面UIに変化がありますが、今回はその中の一つである皆さんがもしかしたら一番利用している機能である「fetch as google」の使い方が変わったので、その手順についてまとめてみたいと思います。

・新しいサーチコンソールでも問題なくfetch as googleが可能!(インデックス登録)
・慣れると以前より使いやすいかもしれない!
・旧サーチコンソールから新しいサーチコンソールへ切り替えてしまいインデックス登録の仕方がわからない。
※旧サーチコンソールから任意で新しいサーチコンソールへ移行可能です。

この記事を読めば、新しいサーチコンソールへ移行してしまった場合でも今まで通り、fetch as googleが使用可能となり、問題なくgoogleへインデックス登録できます。

 

それでは、さっそくそのやり方をご紹介します。

 

【新しいSearch Consoleでのインデックス登録手順】

1.いつも通りgoogle Search Consoleへログインします。

2.左メニューにある「URL検査」をクリックする。

3.画面中央上の入力画面がアクティブになる。

4.こちらへインデックス登録したい対象URLを入力してエンターキーを押す

5.「googleインデックスからデータを取得しています」というメッセージが表示される。

6.「URLが登録されていません」というメッセージが表示されます。
すでに登録のあるURLの場合は、URLはgoogleに登録されています。という表記がでてきます。

7.その下にある小さな文字メニューボタン「インデックス登録をリクエスト」をクリックする。
リクエスト済メッセージとして「URL をプロパティ クロール キューに追加しました。ページを複数回送信してもキューの順番や優先順位は変わりません。」が表示されます。

8.これで完了です。シンプルで簡単になりましたね。

きちんとインデックス登録されているか不安な方は、登録後に手順4にある対象URLをもう一度入力すると、手順6にあるすでに登録されていますというメッセージが表示されますので、ご確認くださいませ。

 

これにて無事新しいサーチコンソールへ切り替えても問題なくサーチコンソールを使用してgoogleへインデックス登録ができますね。

あとは、ご存知の通り「site:miyabi-life.com」(※miyabi-life.comの部分は自分のドメインを設定します)などを利用して自分の記事がgoogleにキチンとインデックスされているか確認したり、記事のタイトルや狙っているキーワードを用いて検索順位などをチェックしておきましょう!!

競合の多くとも狙ったキーワードで検索順位1位が取れるような素敵な記事を量産したいものですw

ブログ運営・ライフハックカテゴリの最新記事