【書評】『ブログ飯』感想。皆さんご存知の染谷昌利氏の初心者ブロガー向けハウツー本です!購入時とブログ運営後で思った事など。

【書評】『ブログ飯』感想。皆さんご存知の染谷昌利氏の初心者ブロガー向けハウツー本です!購入時とブログ運営後で思った事など。

こんにちわ。
1PVでも多くアクセスが欲しいブログ運営系の書籍大好きっ子@「みやび」です。


染谷昌利氏のブログ飯というハウツー書籍。ブログの学校があればはじめに渡されそうですね。部屋の断捨離をしていたら、棚から出てきたので初心にかえり『ブログ飯』
久しぶりに読み返したのでその感想になります。ちなみにブログ飯は、断捨離されてませんよ。笑

先に感想を一言でお伝えすると”ブログで稼ごうと思い始めたばかり”の人には、ベストな良書だと言えます。

本書を読み終えると「初心者でもブログで簡単に飯が食える方法教えてよ!」って気持ちになりますが、あくまでブログへの取り組み方や基本的な考え方を記載されています。テクニックやノウハウは一切書かれていませんので、ご注意を!

おそらくブログ関係の本ではかなり有名だと思います。タイトルのインパクトも凄いですからね。本書との出会いは、私がブログでアフィリエイトやろうと本気で思った時にネットで色々情報を調べている時に1番はじめに買った書籍でもあります。

実際読み終えたあと、いい買い物したなと思い、もう一度何か所か読み返しました!

さて、そんな「ブログ飯」あらすじ・内容、読んで感じたこと、こういった方に読んで欲しい、最後にまとめという構成にてご紹介いたします。
それでは、どうぞ!

いくつかブログ系の書籍のレビューが溜まりましたら、オススメ良書10選みたいな記事を作成したいなと思ってます。

あらすじ・内容

テクニックありきではない人気ブログの作り方を解説したSNS時代の新しい生き方本。

自分の好きなこと(個性)をネットで収入に変える方法を、根本となる考え方や具体的な収益方法を交えて解説しています。著者は人気ブログ「Xperia非公式マニュアル」を運営し、Google AdSenseの成功事例としても取り上げられたプロブロガー。ネットで集客して収益に結びつけるまでの道のりを体系的に学べる一冊です。

特にWEB業界で働いていたというわけでもなく、ごく普通のサラリーマンが何度かの転職を経て、最終的に早期退職募集に対して申し込んでブログで食っていくことを目指したというものになっています。

一番驚いたのは、会社を辞める段階で食っていけるだけの副収入があったわけでなく、いけるかどうかわからない状態から始めた、という点です。この段階で結婚しており子供がいて、この決断をできたのは凄いなと感心しました。またそれを承諾した奥さんもすごい人ですね。

 

目次

第一章 私が「ブログ飯」になるまで
・ごくごく普通のサラリーマン時代
・コラム:ブログとの馴れ初め
・充実したサラリーマン生活から一転、無職へ
・タイムリミット、転機、そしてブログ飯へ

第二章 ただのブログを「飯が食えるブログ」に変える
・考え方編1 ブログ運営で最も重要なポイント
・考え方編2 誰に何をどうやって伝えるか
・初期・基本編1 わかりやすい文章を書くには?
・初期・基本編2 ブログを書き続けるには?
・運用編1 ブログを書く時間がないときは?
・運用編2 ブログに書くネタがなくなったら?

第三章 継続して成果を出すブログの違い
・応用編1 個性的で面白いブログにするには?
・応用編2 面白い文章が書けないときは?
・応用編3 なかなかファンが増えないときは?
・応用編4 「飯が食えるブログ」は誰でも作れる
・コラム:それでもアクセスが集まらないのはなぜ?

第四章 個人でお金を稼ぐということ
・アフィリエイトとアドセンス
・楽に稼げるなんて思ってはいけない
・そうは言ってもお金を稼ぐことは実は簡単
・その商品、友人に売れますか?
・収益を左右する3つのリサーチ
・稼いだ金は全部使え
・情報の価値が報酬
・収益は集中させない
・一緒の方向を向いている仲間をつくろう
・レッドオーシャンを泳ぎきり、ブルーオーシャンを創り出せ
・コラム:広告を活用してみよう

第五章 SNSことはじめ
・ソーシャルネットワーキングサービスの特性と活用法
・SNSの肝は感情と極端
・お願い「いいね! 」に価値はない
・SNSはカンフル剤! ?
・ソーシャルネットワークは儲からない?
・コラム:ブログを使って急成長を遂げたウェブ制作会社に学ぶ、
飯が食えるブログを運営するためのテクニック

第六章 突き抜ける技術
・諦める力
・失敗を恐れない
・バブルに踊らない
・アクセス数だけにこだわらない
・成功者の真似だけしても成功しない
・リピーターや収益が生まれる仕組み
・コラム:アップデートとイノベーション
・あなたの独自性と誰得感のバランスを取る

特別コラム:鬼嫁は見た!

〜没個性サラリーマンの華麗なる転身の秘密〜

おわりに

読んで感じたこと

今回は、ブログを立ち上げる前色々と調べて準備している際に本書を読んだときの感想と実際にブログを運営し始めてから読んだ時の2パターンの感想をまとめてみました。

有名すぎてみなさんすでにブログはじめたばかりの人は読了しているか読んでいなくとも本のタイトルは知ってますよって人が多いと思う中なぜ本書の書評を書いたかはこの1回目に読んだ気持ちとブログ運営後に読んだ気持ちを整理しておきたかったのもあります。

 

初めて読了した際に感じたこと(初回)

当時の私は、ブログ運営、アフィリエイト、Wordpress、無料ブログサービス、GoogleAdsenseなど色々とどうすればいいかわからないことだらけでどのサービスをどう利用していけばいいのか?どのくらいの費用が初めにかかるのか?そもそも今から始めても遅くないのか?ぶっちゃけどのkらい稼げるのか?など不安と期待を胸にネットや書籍、youtubeから調査していました。(※いまだ現在進行形だけどね。)ブログ立ち上げ後、ブログ調査50%、ブログの構築40%、ブログ記事投稿10%みたいな感じでなかなか書けていなかったですね。

そんなおりにまずはこの本だなと目星をつけて書店にて購入し、読み終えた記憶があります。
他の人のレビューにも書いてあったのですが、本書はノウハウや今からできる技術などが書かれている攻略本的な位置づけではないのに、私は本書を読めば、これでアクセスがたくさんくるブログの基礎が学べると勝手に思っていました。。。

ただ読み進めていくうちに、ブログを書き続けることは、成功へ近づいていくという事と「読まれる記事を書く」には、自分も楽しみながらブログを書いていく必要があるという事を学べましたね。ここは、すごくブログ運営を続けていく中で大事な考えだと痛感しましたね。

 

 

ブログを運営して約1年後に読んで感じたこと(2回目)

まず残念ながら私は、現在ブログ飯はできておらず。昨年からブログ立ち上げの準備をし、このブログを含めいくつか運営していますが、現時点ではブロガーというよりちょっとお小遣いを得ているブロガーの卵みたいなもんです。ブログお菓子くらいですw

先日読み返した際に感じたのは、ブログ運営への考え方の基盤になることが著者の実体験を交えて書かれているのは、いいなと思いました。さすがに出版されてからある程度年月が経っていることもあり、今やネット上で同じようなことをブログで発信されている方が多いので、もちろんどちらが先とか上とかそういったことはないんだけどね。

あとは、実体験が苦労や挫折も書かれていますが、今見るとそこまで泥臭くないんですよね。
取り組んでいることや目の付け所はさすが!と言わざる得ないのですが、たんにわたしが苦労しているだけかな?

旅行に行ったり、アルバイトなどをせず、パソコンと睨めっこ。あまりにも理解がありすぎる奥さん、子供の事などを考えるといくら時間と退職金があるとはいえちょっと突っ込みたくなる部分ではあります。なんだか美談すぎるんですよね。お金ってホントなくなってくるとそんな余裕ないはずですが・・・。

あまり勘繰るのはよくないですよね。はい。すみませんでした。気を付けます。

今となっては、わりとネットで似たような思考の記事を見かけますが、本書の副題にある「個性を収入に変える生き方」を一番早く形にした方なのではないでしょうか?企てる人さすがっす!

 

 

こういった方に読んでほしいです。

  • 最近ブログを始めた方(趣味や日記ではなく、お小遣いや収入目的)
  • ブログで成功している方のエピソードを知りたい方
  • ブログの収益化についてイメージが湧いていない方

 

 

まとめ

文章が「うまいかどうか」ではなく「好きかどうか」を大事にしてブログを書いて欲しい。つまりそうゆうことを伝えたい本かなと私は思ってます。あとXperiaブームに俺乗れたからラッキーだったwwwというのもあるかもしれない。

 

すでにある程度自分でブログを立ち上げていてネットや動画、書籍などから情報を得ているのなら、本書は共感はできても正直得るものはないです。というかすでにマインドを習得済となります。(決して、本書がダメという意味ではないです。そこは誤解しないでほしい)

あと勘違いしないで欲しいのは、この本読んで明日からPVが爆上げとかアフィリエイトの商品がバカ売れということにはならないのでそこだけは期待している人はすまんね。いや、近々1個くらいなんか売れるかもしれんよ??

こちらは本書とは直接関係ないけどわたしが自己啓発本やビジネス書を読むときに使っている手ですが、ぶっちゃけ表紙のタイトルは釣り(いわゆるユーザに手に取ってもらえるキラーワード)なので、本として大事なのは読んだあとに満足感や知らないことを知ることができた、あらためて整理ができたなどといったことだと思う。そういった良書にであえる可能性が高い選別方法として

1.目次のタイトルでピンと来ない本はダメ。

2.はじめのあらすじと第1章の書き出しの数文。ここがグッとこないとやっぱダメ。

この2つを大事なアンテナとして備えています。
ただし、ホリエモンが絶賛とかメンタリストDaigoがオススメなどは、無条件で読みます。
とくにファンの著者がいるわけではないのですが、著名人がオススメする本は読んでおいて損はないという考えです。

 

 

おまけ

コラムにて登場する奥さんのインパクトが強すぎて、読み終えた後一番記憶に残っていますw
鬼嫁って表現いいですよね。好きです。

成功するには、めっちゃ努力する、才能がある、運を引き寄せるなど複数の要素が必要になってきます。

この本を読んでいると、「この奥さんと出会わなかったら?」「スマホがいいタイミングで出てこなかったら?」などなどたらればを言ってはキリがないですが、そう思わざるを得ないです。

これからも昨年の仮想通貨のようにITにかぎらずビジネスチャンスは、でてくるので私もブログ書きながら、億り人になれるようアンテナびんびんに立てておきます!!!

 

 

 

おすすめ書籍カテゴリの最新記事