エンジニア必読!?『なれるSE』が面白い!でも誰も読んだ後SEになろうとは思わないかも・・・。

エンジニア必読!?『なれるSE』が面白い!でも誰も読んだ後SEになろうとは思わないかも・・・。

こんにちわ。
可愛い女の子に囲まれてシステムエンジニアなお仕事したい「みやび」です。

 

表紙の可愛らしさとは裏腹にデスマーチまっしぐらな
「なれるSE」というラノベをぜひ読んでほしいので全力でオススメしたいと思います。
ネタバレは極力なし。一部抜粋あります。

IT業界に興味がある人、ここにその世界を知るチャンスが到来しました!

IT業界システムエンジニアを題材にしたライトノベルになりますね。
凄く業界を表現しており、現実味があることが悲しいぜ。

ラノベ博士である知人に何か面白そうなラノベないかなーと飲みの席で聞いた際に勧められたのでさっそく購入。確か電子書籍で初めて購入したライトノベルだった気がします。

さて、そんな「なれるSE!-2週間でわかるSE入門-」あらすじ・内容、印象に残った部分、読んで欲しい方、最後にまとめという構成にてご紹介いたします。
それでは、どうぞ!

 

あらすじ・内容

なれる!SEとは夏海公司さん著のライトノベルシリーズ。挿絵はIxyさん。
名前の通り、「SE(システムエンジニア)」という職種が題材になっています。
厳密には、ネットワークエンジニアという職種ですね。

厳しい就職活動を乗り越え、偶然目に留まった求人広告に魅かれシステム開発会社のスルガシステムに就職が決まった桜坂工兵。期待や不安が入り混じる中、入社した彼を待っていたのは、説明とはまったく異なる実態と、あまりに過酷な会社の業務環境だった。

凄腕のSEである見た目はロリ少女な室見立華の下でOJTを受けることになった工兵は厳しく指導される中、システムエンジニアとしての第一歩を踏み出すことになる。

簡単に言うと、どこにでもいそうな文系大卒の桜坂工兵くんが、可哀想にドブラックベンチャーIT企業に入社してしまい、周りのかわいい女性たちに翻弄されつつ必死に仕事を頑張っていく成長物語です。
上司が「室見立夏」という、女子中学生にしか見えない可愛い女の子ですが、この子はちなみにドSでワーカホリック。部下への仕事は基本ムチャ振り。でもきっとツンデレ。そして、ツナ缶好き。おそらく脳内の声は釘宮理恵ですね。
作中では工兵視点であまり描かれていないですが、きっと立夏も新人への接し方に悩んでいたのだと思いますね。
(この業界は立夏をおじさんにおきかえたら、全てが現実にリンクします・・・。)

ともあれ最初は主人公を遠ざけてツンツンな態度を見せていた立華も
OJTのパートナーを組む事によって徐々に主人公に心を開きつつあります。

SEという仕事を簡潔に書いていますので、特に前知識は不要です。その業界をまったく知らない人でも普通に楽しめます。業界あるあるを少し共感できないシーンあるかもしれないくらいかなと。

おそらくモデルとなったIT企業はあるんだと思いますが、作者のエンジニア時代の経験をもとに描かれており、舞台は東京のお茶の水や水道橋、神保町あたりですね。

 

読んでよかった点

ラノベから面白く新人、中堅の仕事への考え方を整理できる。
この作品の面白い部分は、人間関係や仕事の中でトラブルが発生し、それを周りのメンバや工兵が協力し「読者が想定していなかった解決法」にて気持ちよく解決することにあるんだと思います。
俺tueeeとは違うんだけど、発想の勝利的なね。あと電撃文庫のラノベだからといって特殊能力などはいっさいありません。

印象に残っている部分を抜粋します。
「SEとは最高の仕事である。この世からSE以外の仕事を除けば。」
皮肉が最高に効いている言葉だ 。

こういった方に読んでほしいです。

  • IT業界、SE、PGなどのお仕事をしている方。
    (これから就職目指している方は、無事入社してからにしましょう!)
  • 新人SEに読んでほしいのと、新人を育てる立場にある先輩の方々にも!
  • ブラック企業だと思う会社に勤めていながらも慣れてしまった人。

※きらら系的な雰囲気の日常ラノベではありません!ご注意を!!
かわいい女の子は、多数登場しますが、そうゆうのではありません。

 

 

まとめ

新入社員がブラックなIT企業で仕事に目覚めていく苦難と成長物語!
可愛い女の子が表紙にのっているライトノベルを読んでいたら、いつの間にかブラック企業で生き抜く新人ITエンジニアの話を読んでいた・・・。

お仕事系のラノベ作品であり社会の辛さや理不尽さを経験しつつも主人公が成長していき、一部萌え要素もあるという素晴らしい作品なのにこれを読んでSEになろうと思う人はたぶんほぼいないでしょう。なんたる業の深きライトノベル。泣

最後に作中の私が一番好きなシーンのやり取りがこちら。

「働くって,大変だね」ってことを工兵と工兵の母が電話でやり取りするシーンがあるんだけど、そこがたまらなくいいんだよね。会話はすぐ終わり、名言をいうわけでもないんだけど、社会人になって恥ずかしながら辛くてすぐに会社を退職した私には、非常に印象に残っているシーンですね。(その後、色々な縁があり、現在は無事転職できまして苦労しながらもお仕事しています!)

 

 

 

おまけ

ちなみに読み終えてから知り合いから教えてもらったのですが、この作品に出てくる登場人物の苗字ってどれも福岡市の地名や駅名なんですよね!知らなかった!!

立夏ちゃんの大好きなツナ缶も張っておきますね!

 

ライトノベルカテゴリの最新記事