漫画喫茶、漫画レンタル、電子書籍どれが一番お得なのか? 比較検討してみた!

漫画喫茶、漫画レンタル、電子書籍どれが一番お得なのか? 比較検討してみた!

最近、電子書籍派になったデジタル系「みやび」です。

漫画喫茶、漫画レンタル、電子書籍 どれが一番お得なのか?
自分に合っているのかメリット・デメリットを交えて比較検討してみましたので
皆さんのライフスタイルに合わせて参考にしてもらえたらと思います。

 

漫画を読む際には、書店で購入、電子書籍で購入、知人から借りる、漫画レンタルを利用、漫画喫茶でのんびり読むなどいくつか方法があるかと思います。

この中で在庫状況、時間、コスパ、快適具合などからどの方法が自分にあっているのかを確認してみました。

すでに自分の中で漫画へのライフスタイルが確立されている方には、あまり参考にならないかもしれませんが、あらためて漫画のお得な読み方、購入(サービス利用方法)について参考にしてもらえたらと思います。

 

 

はじめに

現在、私が読むジャンル、利用しているサービスや利用頻度は以下となります。

ジャンル
・雑誌(週刊誌、月刊誌、ITガジェットもの、サッカー雑誌)
・漫画全般
・ラノベ全般とくに異世界転生もの
・自己啓発、ビジネス書

利用しているサービス・使用頻度
漫画喫茶・・・月に1回程度利用(主に週刊誌、月刊誌などを読む)、一部漫画新刊。
漫画レンタル・・・数か月に1回程度利用(ただし、借りるときはがっつり全巻借りたりする)
電子書籍・・・集めている漫画、ライトノベルの新刊と一部話題作を購入。

 

 

漫画喫茶メリット

・フリードリンク、漫画の在庫が多い。
・読む速度が早ければ、早く読んだ分だけお得。
・パック料金なるものがあり、3時間、6時間、12時間など区切りにより料金が安くなる。

最近の満喫は料金切り替えシステムが多く、入店後、一番安い料金プランへ自動変更される。

 

 

漫画喫茶デメリット

・ライトノベルは取り扱っていない。
・ビジネス書、自己啓発書も取り扱っていない。
・たまに抜けた巻がある。理由は不明。ドリンクがこぼれてダメになったのかな。
・全巻読破や長時間はわりとできないというかダレる。

 

漫画レンタルメリット

・とにかく安い。10冊で700円~800円程度(ゲオ、TSUTAYA)
・7泊8日など長い期間レンタルできるので慌てて時間内に読む必要がなく、まったり自宅で読める。

 

漫画レンタルデメリット

・新刊は1か月ほどレンタル開始が遅い。
・店舗やレンタル収集BOXへ返しに行かないといけない。
・返却期限を過ぎると延滞金を払うことになる。

私は利用したことがないですが、宅配レンタルなるものがあるそうです。TSUTAYA、DMMがやっていたような気がします。

 

電子書籍メリット

・かさばらない!これが一番電子の強みだと思う。
・スマホ、タブレットにて持ち歩き可能。読みたい場所で読める。
・家族と共有できる。ここは、漫画レンタルでも可能ですが返却期限までとなるのがネック。
・所有しているので、いつでも読みたいときにダウンロードして読める。

 

電子書籍デメリット

・ものによっては紙媒体より発売日が遅い場合がある(約1か月程度)
・技術書、イラスト集などはタブレットなどをもっていないと画面がちいさくちょっとつらい。(私はiPhoneユーザです)
・基本定価販売
・ネットからダウンロードして購入するため、ネット環境必須。まあここは今の時代気にすることではないかな。

正直、お金に余裕があり商品が電子書籍化してさえいれば、ぶっちゃけこちらが一番いい。

 

中古での購入メリット

・100円やセット販売している漫画、ライトノベルの在庫も多く財布に優しい。
・セット販売されている商品があり、半額以下の値段もちらほら見かけます。

 

 

中古での購入デメリット

・かさばる。売るとしてもほとんど値段が付かない為、ホント困る。
・店舗に在庫があるとは限らない。良く1巻だけないとか、中抜けしてるとかあるんだわ。

 

 

まとめ

 

私が出した結論。「電子書籍と中古漫画販売の二刀流」となります。
レンタルや満喫利用がコスパ的には、お得な事は間違いないですが、時間や手間、在庫がない場合などを考えるとね。少し割高になってもそれだけの価値はあると思います。

 

理由は、電子書籍だと最近電子書籍サービスも活発になってきたので20~半額割引クーポンやポイント還元期間限定セールなど増えてきましたので、思ったより安く入手可能。

新刊だと一部発売日が1か月遅いものがあるのだけが悩みどころ。
また、小耳に挟んだ話だと作者への印税も紙より電子で購入した方が多く入るようです。

出版社と作者だとやはり作者へ大きくお金を払いたいと私は個人的に思っていますので、そこも電子書籍最高だと思います。

コストパフォーマンスだけでいうと、漫画の読む速度が速いまたはあまり文字のない漫画ばかり読む場合は、満喫となりますがジュースを取りにいったりトイレいったり、本を探しに移動したりなど考慮すると、漫画レンタルが一番コスパがいいですね。

移動時間や交通費を考慮するとまたややこしくなってきますが、財布から漫画に対して支払った金額ということであれば、断然漫画レンタルとなります。

快適さは、満喫が良さそうに見えますが、わりとここ最近いくつかの店舗に行って思いましたが、やはりハズレのお店に入ってしまうと残念な気持ちになります。

ドリンクサーバーが古い、お店が正直古いトイレの掃除が微妙でお世辞にもきれいとはいえない。

わりとうるさい、不快感を与える客もたまにいて店員もアルバイトが多いので基本スルーします。

全巻読破なら、もうすでに完結している本の場合になるので、基本的にブックオフなど中古販売しているお店で買いそろえます。

ブックオフであれば、自分のアクセスできる範囲に複数店舗展開していますので、何店舗か回ればだいたい全巻揃います。

→ここも、いずれは、電子書籍レンタルサービスに切り替える予定です。
やはりブックオフなどで購入するとかさばります。

これが地味に困る。ブックオフ100円コーナーで購入も電子レンタルコミック1冊100円とか完結済み作品だと増えてきているようです。

新刊や話題作を読む際には、そこまで巻数もでていないと思いますので、電子書籍で購入します。

もし、電子化していない作品の場合には、漫画喫茶に行きますがニッチな作品でなければ、昔と違い今はほぼ電子化していますね。

最終的には、ミニマリストを目指しているので完全電子化対応したいところです!

 

以上になります。
みなさんの漫画生活への参考になればこれ幸いです!

漫画・アニメカテゴリの最新記事