【イラストレーター】aiファイル 開く方法と編集できるツール紹介

【イラストレーター】aiファイル 開く方法と編集できるツール紹介

こんにちわ。
Webデザイナー的なお仕事もたまにするみやびです。

イラストレーターのファイル形式であるaiファイル
他のアプリケーションを使ってどうにかして開いて中を確認したい~!とか
ちょびっと編集したいな~って時ありませんか??

今回はそんなイラストレーター以外のアプリケーションを使って
aiファイルを開く方法と編集可能なツールをご紹介する記事となります。

※イラストレーター・・・アドビ社のデザインソフト。お高いスゴイやつです。
※aiファイル・・・企業であればチラシ・会社案内・名刺など印刷物にて使われることが多い形式です。

【イラストレーター】aiファイル 開く方法と編集できるツール紹介

先日、お仕事にてちょっとしたデータを受け取りまして開こうと思ったら
まさかのaiファイル。え?イラストレーター持ってないよ??
開けねー!!ってなった時に色々と調べて解決した内容となります。

 

【解決方法①】なんとアドビリーダーで開けちゃいます!

実際にイラストレーター以外で開く方法

・AIファイルは、アドビ製品であるイラストレーターのファイルです。
つまり、PDFを開ける同メーカーであるアドビリーダー(PCに初めから入っていると思います)にて開けちゃいます。

画面左下ウインドウズボタンから「Acrobat Reader 」を選ぶ。起動後、対象のaiファイルを開けばOKです。Macも同様の操作で可能です。赤い四角いアイコンが目印ですね。

▼もしパソコンに入っていない場合には、こちらからダウンロードできます!

Adobe Acrobat Reader DC ダウンロードはこちら!

 

【解決方法②】そのファイルを編集したい場合は??

フリーソフトを利用する!これです!

具体的なフリーソフトこちらです。
・Inkscape(インクスケープ)>ダウンロードはこちら!
・GIMP(ギンプ)>ダウンロードはこちら!

またaiファイルを開く方法として、オンラインサービスもあるようです。
今回はここでは触れませんが、触る機会があれば、ご紹介しようと思います。

私はInkscapeの方が使いやすかったので、利用しています。
GIMPはもともとPhotoshopの代案として有名ですが編集も可能です。

ダウンロード&インストール後、対象のaiファイルを開くとそのまま編集が可能です。

※自己責任でお願いしますね。また必ずAIファイルはバックアップを取っておこう!
バージョンやaiファイルによってはフォントや画像の色が全く同じになるとは限りません。

また、編集後に保存する場合にそのフリーソフトのファイル形式になってしまいますので
例えば、印刷会社へ入稿する場合にはpdf形式でOKだと思います。

今後も編集する機会が多いなら、フリーソフトのファイル形式で保存して再利用・編集してご活用くださいませ。

 

あとがき

ちょっとaiファイルを開けなくて困っているなら、1度試して欲しいなと思う手順です。
セキュリティ上、フリーソフトを勝手にインストールできない場合はAdobe Readerによる開く事だけなら可能ですね。

状況や緊急度によりますが、会社やビジネスで本格的にaiファイルを取り扱うのであれば
イラストレーターを準備する事を個人的にはオススメします!

最後まで読んで下さってありがとうございます!
今後もパソコンの事で役立つ情報を発信していきますので
よろしくお願いします。でわでわ(=゚ω゚)ノ

 

▼イラストレーター(Illustrator)はこちら!

Adobe Illustrator CC|12か月版|オンラインコード版
アドビシステムズ (2013-10-01)
売り上げランキング: 95

パソコンカテゴリの最新記事